2016年2月13日土曜日

SEYMOUR DUNCAN JAZZ SH-1とJB SH-4の載せ替えとレビュー

LesPaul Customのピックアップ載せ替え

 数年前に81年製のGibson LesPaul Customのピックアップを載せ替えました。
その備忘録的にレビューを書きます。

 載せ替えたピックアップは定番のDUNCANのSH-1をフロントに、SH-4をリアに。
いつものように安い通販で購入して自分で半田付け。約1時間で完成です。
 
 載せ替え作業で多少手間取った点は、この年代のCustomはサーキットがアルミの箱のようなもので包まれています。単純にネジ止めです。箱を開けるときにはネジを外すだけなので簡単なのですが、取り付けようとすると難しい・・・
 イメージとしてはアルミの箱の内側にナット部分があるので、ネジを止めるときにはネジ穴が見えない。それなりに長さのあるボルトを見えないナットをめがけて締めてゆく。
 なかなかナットにはまらずにひとりで数10分アルミの箱と格闘しました。

肝心の音

SH-1 Jazz

 フロントにつけました。
あまり出力が強い印象はありませんでした。低めのセッティングなのもありますが、歪系の音よりはクリーンな音でピックのアタックを楽しむ感じがします。
 
 軽くコンプレッサーでもかけてクリーンサウンドで単音のリードをとかがよく合うかと。

SH-4 JB

 これは今回のメインでした。
レスポールのピックアップの載せ替えといえばJBというくらいメジャーなものなので今更レビューというものでもないのですが。
 
 載せ替えた印象としては、パワー感があり、少しトレブリーな感じ。
歪ませた音がよく合う感じでアタックの「ガッッ!」という音が目立つ。まさにあまりエフェクターなどかけないソリッドな感じの歪みでガツガツ弾くためのピックアップな感じです。
 軽くドライブさせて、HR/HMのバッキングで低音弦のリフなんか弾くと音が前に出て良い感じにバンドに入ってくる音だと思います。

ピックアップの交換は定番が良いのでは

 ギターのピックアップって悩みポイントの一つだと思います。
しかしながらなかなか試奏もできないし、思い切って買ってみるしかないものの1つで、ハズレでもなかなか戻すこともできません。

 そんな中で定番のピックアップを選択するというのは個人的には良い選択かと。定番なのはやはり理由があります。






0 件のコメント:

コメントを投稿