JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


GAMMA RAY / No World Order 音圧あります


7thアルバム ちょっと雰囲気違うかも

1枚抜けていた7thアルバムが安かったので買ってきました。

 相変わらずのジャケットと音。
どれを聞いても期待通りのガンマレイ節を聞けるので安心感がありますが、これも基本的には多分にもれず。

 ただ一巡目を聞いた時に、なんとなく不思議な違和感があったのですが、二巡目を聞いた時にふと思ったのが、別のバンドのアルバムを聴いているような・・・・。

 基本的にはガンマレイ節なのですが、リフやリズムが他のバンドのあの曲などを思い出してしまう・・・。
 個人的な感覚なので気にならない方も多いかもなのですが、どこかで聞いたことのある(他曲をイメージしてしまう)リフがいくつかありました・・・。

ミドルを出したギターの音

 ギターの音は変わらずにメタルギターの音。ミドルが良く出た音で聴きやすいです。リフのギターの音が前に出てきます。
 音圧がある音でこの手の曲には良くマッチ。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利