Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

GAMMA RAY / No World Order 音圧あります


7thアルバム ちょっと雰囲気違うかも

1枚抜けていた7thアルバムが安かったので買ってきました。

 相変わらずのジャケットと音。
どれを聞いても期待通りのガンマレイ節を聞けるので安心感がありますが、これも基本的には多分にもれず。

 ただ一巡目を聞いた時に、なんとなく不思議な違和感があったのですが、二巡目を聞いた時にふと思ったのが、別のバンドのアルバムを聴いているような・・・・。

 基本的にはガンマレイ節なのですが、リフやリズムが他のバンドのあの曲などを思い出してしまう・・・。
 個人的な感覚なので気にならない方も多いかもなのですが、どこかで聞いたことのある(他曲をイメージしてしまう)リフがいくつかありました・・・。

ミドルを出したギターの音

 ギターの音は変わらずにメタルギターの音。ミドルが良く出た音で聴きやすいです。リフのギターの音が前に出てきます。
 音圧がある音でこの手の曲には良くマッチ。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー