JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Chicago / Chicago Studio Albums 1969-78

お得なセット

 最近この手のセットをよく買うことがあります。1枚当たりの値段を考えるととてもお得。

 このChicago Studio Albums 1969-78も多分にもれず1stから10枚のセットで実売3000円くらい。1枚当たり300円。特にChicagoはメジャーなバンドなのでこういう機会に揃えておこうと思うわけです。

 
 特に歌詞も入らず、ライナーノーツも不要で、音だけがあれば良いというのであればこのシリーズはオススメ。

 10枚セットなので一通り聴きこむまでにそれなりに時間がかかりますので、しばらく楽しめます。

シカゴの音

 まともにシカゴの音を聞くのは初めてなのですが、よく聴きこむと耳を引くアレンジが結構あります。
 ホーン関連が結構印象的に入っていますので、70年代のディスコミュージック風な印象もありましたが、ベースラインをよく聞くと基本的にはブルースロックな基調で進む印象です。
 この、一見するとアンマッチに思える音使いや雰囲気の組み合わせが良かった感じです。例えるならハンバーグにパイナップルが載っているみたいな・・・。

 セカンドアルバムの「25 or 6 to 4」なんかは有名で良い曲ですが、改めて聴くとホーンとブルーズのベースラインの融合がうまく、耳に残る感じの音です。
 「25 or 6 to 4」はいくつかカバーしているミュージシャンもいましたが、個人的にはオリジナルの息遣いがもっともスリリングで今聞いても古さを感じないと思います。






コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利