GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

Chicago / Chicago Studio Albums 1969-78

お得なセット

 最近この手のセットをよく買うことがあります。1枚当たりの値段を考えるととてもお得。

 このChicago Studio Albums 1969-78も多分にもれず1stから10枚のセットで実売3000円くらい。1枚当たり300円。特にChicagoはメジャーなバンドなのでこういう機会に揃えておこうと思うわけです。

 
 特に歌詞も入らず、ライナーノーツも不要で、音だけがあれば良いというのであればこのシリーズはオススメ。

 10枚セットなので一通り聴きこむまでにそれなりに時間がかかりますので、しばらく楽しめます。

シカゴの音

 まともにシカゴの音を聞くのは初めてなのですが、よく聴きこむと耳を引くアレンジが結構あります。
 ホーン関連が結構印象的に入っていますので、70年代のディスコミュージック風な印象もありましたが、ベースラインをよく聞くと基本的にはブルースロックな基調で進む印象です。
 この、一見するとアンマッチに思える音使いや雰囲気の組み合わせが良かった感じです。例えるならハンバーグにパイナップルが載っているみたいな・・・。

 セカンドアルバムの「25 or 6 to 4」なんかは有名で良い曲ですが、改めて聴くとホーンとブルーズのベースラインの融合がうまく、耳に残る感じの音です。
 「25 or 6 to 4」はいくつかカバーしているミュージシャンもいましたが、個人的にはオリジナルの息遣いがもっともスリリングで今聞いても古さを感じないと思います。






コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー