Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Revolution Saints / LIGHT IN THE DARK まさかの2枚目

まさかのセカンド

 ファーストアルバムはとても良くまさにスーパーバンド的な感じでした。
 でもディーンカストロノヴォの事件なども聞こえて来たのでセカンドは出ることがないかなと思っていました・・・

 が、セカンドが発売と。

 全体的な印象としては少しダークな感じがします。前作がイケイケな感じでポップ感があったのですが少しダークで地味な印象。

 1回聞いてハマる感じではなく少し聴きこむ必要がある感じ。

 前作は1曲目がキャッチーでアルバム全体をイメージさせる曲でしたが、今回の1曲目はキャッチーでメジャーキーのメロディがありつつもがダークな感じ。アルバムタイトルからしてもそのイメージなのかなと。ポップ感のある曲は9曲目のRunning on The Edgeでしょうか。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー