Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Revolution Saints / LIGHT IN THE DARK まさかの2枚目

まさかのセカンド

 ファーストアルバムはとても良くまさにスーパーバンド的な感じでした。
 でもディーンカストロノヴォの事件なども聞こえて来たのでセカンドは出ることがないかなと思っていました・・・

 が、セカンドが発売と。

 全体的な印象としては少しダークな感じがします。前作がイケイケな感じでポップ感があったのですが少しダークで地味な印象。

 1回聞いてハマる感じではなく少し聴きこむ必要がある感じ。

 前作は1曲目がキャッチーでアルバム全体をイメージさせる曲でしたが、今回の1曲目はキャッチーでメジャーキーのメロディがありつつもがダークな感じ。アルバムタイトルからしてもそのイメージなのかなと。ポップ感のある曲は9曲目のRunning on The Edgeでしょうか。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー