Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Pretty Maids / SPOOKED 今風な音

今風な音


 今風な音に仕上がったアルバム。ただ雰囲気とか曲はぶれていない感じ。
 カラッとした音というよりは今風なしっとりした感じが入っている分、多少パワーメタル感というかジャーマンメタル感が増えたような気もします。

 音は変わってもPretty Maidsはやっぱりメロディックなギター。3曲目のDEAD or ALIVEなんて耳に残るリフからギターソロが秀逸。Bメロからサビへの動きもカッコ良い。

 8曲目のTwistedはKeyがポイント。この辺りはジャーマンメタルとは異なる感じでしょうか。Pretty maidsにとってKeyは重要なポイント。


 

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー