Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Megadeth / DYSTOPIA ヘヴィーな1枚

ヘヴィーでダーク

 テクニカルでヘヴィーでダークな仕上がり
 前作と比べてもポップな感じもなく、緊張感のあるメタリックな音。

 最初に聴いた印象としてはとにかくリフが耳に残る。初期のリフメーカー的な雰囲気が戻り鋼鉄的でオリエンタルな雰囲気が混ざった怪しい感じが満載。

 歌メロもキャッチーでこれも耳に残り、リフメーカーとしての一面とシンガーとしての1面の両面のバランスが良い1枚かと。

 キラーチューンとしては2曲目のDystopiaでしょうか。
 サビ部分の「Dystopia〜」と歌う部分が耳に残る残る。
 前半はどちらかというとゆったりした雰囲気もありますが、後半からは鋼鉄的というか機械的というかスリリングな展開。
 ツインリードのハモリがカッコ良い。

 ANGRAのギタリスト キコルーレイロが加入してサウンドに特徴ががています。7曲目のPoisonaus ShadowsはANGRA風なドラマチックな雰囲気。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー