Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Megadeth / Endgame 攻撃的な1枚

アルバム通して

 各曲ではなくアルバムとして聞いて安心できる1枚。

 全体的には攻撃的にまとめられた感じですが聞かせるところは聞かせる感じで最後まで飽きずに聴くことができるアルバム。
 メロディアスとヘヴィーがうまく融合していてとても自然に聴ける。インテレクテュアルというにはストレートすぎる感じもしますが、リズムがシンプルな分リフも音が前に出ていてファーストアルバムのような雰囲気も感じます。

 キラーチューンはHead Crusherでしょうか。アナイアレイターっぽい雰囲気もありますが良いリフ。




コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー