Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Medageth / UNITED ABOMINATIONS 良い雰囲気

盛り返し

 一時期の停滞期などもありましたが見事復活した雰囲気。
 洗練されていて練られている感じが良い感じ。ツインリードも安定して現代版メガデスの1つの完成形でしょうか。

 前半にキャッチーで勢いのある曲を揃えることで聴き始めてテンション上がります。
 1曲目は3連符が印象的で、2曲目はHager18な雰囲気がちょっと感じるキラーチューン。3曲目の刺々しいリフ。

 例えるならCountdown to Extinction的な雰囲気のアルバム。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー