Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Medageth / UNITED ABOMINATIONS 良い雰囲気

盛り返し

 一時期の停滞期などもありましたが見事復活した雰囲気。
 洗練されていて練られている感じが良い感じ。ツインリードも安定して現代版メガデスの1つの完成形でしょうか。

 前半にキャッチーで勢いのある曲を揃えることで聴き始めてテンション上がります。
 1曲目は3連符が印象的で、2曲目はHager18な雰囲気がちょっと感じるキラーチューン。3曲目の刺々しいリフ。

 例えるならCountdown to Extinction的な雰囲気のアルバム。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー