Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Mötley Crüe / Shout At The Devil 名曲揃い

必聴

 ライブで定番の名曲が揃ったアルバム。

 LA Metalの馬鹿げたパーティーな雰囲気と悪魔的なメタルが融合した名盤でキラーチューンが盛りだくさん。

 ニッキーの語りで始まる1曲目のIn The BeginningからShout at The Devilにつながる流れは今聴いても最高にカッコ良い。Shout at the Devilのイントロのリズムに乗せてShout、Shout,
、と叫ぶあたりで既にテンションマックス。

 そのほかにもRed HotとかBastardとかLooks That Killとか・・・名曲揃い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー