The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

Pretty Maids / FUTURE WORLD ちょっと垢抜け

アメリカ意識

 ファーストと比べて音が良くなっているというかチープな感じがなくなっています。

 オープニングの1曲目 Future Worldでは持ち味の疾走感とパワーのある雰囲気を残しつつもキーボードがアクセントになって適度にポップな感じが出ています。この辺りが当時のアメリカ的な感じでしょうか。

 あとは3曲目のLove Gamesも明らかにポップを狙った感じの曲。
 
 ヴォーカルが1曲目のような勇壮な曲と3曲目のようなハードポップを区別なく独特な声で歌いこなしているのが楽しい。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー