2017年11月11日土曜日

Mötley Crüe / Theatre Of Pain 意外な一面

意外な一面

 これまではジューダスプリースト的な黒レザーに鋲のついたイメージで下がこのアルバムくらいからグラムロック的な出で立ちに変わってきます。

 Smokin in The Boys Roomのようなバットボーイズロックな感じで方向性が決まった感じでしょうか。硬質な感じというよりはポイズンとかシンデレラと同じ方向でいわゆるLA Metalのイメージを作った感じがあります。

 意外な一面の最たるのはHome Sweet Home。このアルバムのキラーチューンですが、ドラマーがピアノを弾きしっとりと歌うバラード。どちらかというかギターヒーローがもてはやされた時期でミックマーズは地味だった。


0 件のコメント:

コメントを投稿