The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

John Sykes / Please Don't Leave Me 泣きのメロディ

ソロなどのコンピアルバム

 Tigers of Pan Tangの曲やライブなども収録されていますがメインはジョンサイクスのソロであるPlease Don't Leave Meでしょうか。
 Thin Lizzyのヴォーカル Phil Lynottに頼んでOKをもらったので録音したとか。何よりも歌メロが切ない。フィルライノットの淡々とした感じが余計に落胆した雰囲気を出しています。そこにギターも切ない感じのソロ。これは誰が聞いても名曲かと。
 ジョンサイクスの別のアルバムでセルフカバーもされていますが、このオリジナルが最も哀愁があって良い。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー