Eric Clapton / SLOWHAND 名盤

イメージ
461 Ocean Boulevardは聞きどころも多いアルバムでしたが、それ以降はレゲエな感じでゆったりしており、エレキギターの熱いプレーは少なかったように思います。このアルバムでは再びエレキギターを前面に出した感じの音。
 曲もそろっていてWonderful TonightやLay Down Sally、Cocaineなど代表曲が含まれると。Cocaineはギターリフがしっかりしてカッコ良いしWonderful Tonightはイントロのスローは入りが完成されている感じ。

Dio / The Last In Line 名盤

ファーストに続く

 名盤。
 ストレートなハードロック感とクラシカルだったり中近東風だったりのバンドとしてのDioの音が確立した気がします。
 ギターも勢いに任せる感じから落とすべきところに落とすようなフレーズになっていてバンドの一体感も増しています。
 曲的にも1曲目のWe Rockからキラーチューン。4曲目のI Speed at Nightではヴィニーアピスのおかずの入れ方が美味い。
 9曲目のEgyptは壮大は感じでロニージェームスディオな感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー