GARY MOORE / Still Got The Blues ブルースロック

イメージ
1990年、これまでのHR/HM路線から一転ピーターグリーンに譲り受けたとの59年レスポールでブルースロック。ブルーズと言ってもマシンガンピッキングがないというだけで基本線はこれまでと大きくは変わらないように聞こえます。タイトル曲のStill Got The Bluesもパリの散歩道のようだと入れるとその通りで、何か新しいジャンルに飛び込んだかと言われるとそうではない気がします。HR/HMであってもブルーズと言われてもGARY MOOREの売りは泣きのギターでしょう。

Dio / Angry Machines モダンヘヴィネス2枚目

とっつきにくいかも

 Black SabbathのDehumanizerから続くモダンヘヴィネス。DioではStrange Highwaysに続く2枚目。個人的にはDehumanizerは好きなアルバムです。T.V CrimeとかTime MachineとかIとか名曲が揃った名盤だと思うのですが、このアルバムは特に退屈な感じ・・・と、一見思ってしまいますが、よく聞くとねっとりしたDioのヴォーカルが堪能できる1枚。
 Loudnessの仏陀ロックの頃とよく似た雰囲気を感じます。
 ラスト曲のThis is Your Lifeが沁み入る。アルバムとしては基本的にはミドルからスローなテンポで重心低めにくる感じで煮詰められた何かのような感じなのですが、この流れがあるおかげで最後のすっきり感が最高。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー