GARY MOORE / A Different Beat これは・・・

イメージ
1999年、アルバムタイトルの通り違うビートのアルバム。一回聞いてびっくり。ハードロックでもなくブルースでもなく・・・下手なダンスミュージックのよう・・・。ギターが入っているとか歌がゲイリーとかそんなことではなくこのリズムに違和感が。
 と、思いながら何度か聞くとそこそこ悪くないかなと思えてくる不思議。


Glenn Hughes / Resonate ロックなアルバム

ロックしているアルバム

 最初にひと回し聞いた印象がロックなアルバムだなと。ヘヴィーな感じでカッコ良い。
 変わらないのはグレンヒューズのヴォーカル。衰えがない感じが素晴らしい。ゴリゴリのハードロックでシャウトもありますしメローなヴォーカルもあります。
 今回結構目立つのはオルガン。ジョンロードのように弾いていて余計にハードロック感が出ています。代わりにギターはあまり前に出ていない感じ。
 耳に残ったのは7曲目のHow Long。間奏のオルガンのソロがジョンロードを意識したようなフレージング。リズムを重視したユニゾンのサビ。ドラムがハードロックらしくスパスパ鳴ってのユニゾンがカッコ良い。そして最後のシャウト。
9曲目のLandminesではイントロのギターがカッコ良い。フロントのシングルコイルでしょうか。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー