Jeff Watson / Lone Ranger 8フィンガー

イメージ
Man in Motion発表の後に解散したNight Ranger。その後 1992年にJeff Watsonが作成したソロアルバム。Jeff Watsonのソロというだけあってオールインストで、8フィンガー入りまくり。オープニングのMountain Cathedralから8フィンガーの美しいフレーズ。ピロピロな感じでギターとは思えないフレーズの連続。
 と、ギターは満足なアルバムなのですが、欲を言えばやっぱりロックアルバムはヴォーカルが欲しいなと。


Dio / Sacred Heart ヴィヴィアンキャンベルのラスト

ファーストから

 続く同じ路線の3枚目。
 同じ路線だけあって似たような雰囲気の曲も多く小粒な印象もあるのですが良い曲も揃っていますしアルバムとしてもまとまっていて最後まで聞けます。
 ファーストの2曲目のHoly Diver、セカンドの2曲目のThe Last in Line、このアルバムの2曲目のSecred Heartとタイトル曲を2曲目に持ってくるあたりも同じ路線。
 やっぱりヴォーカルの表情の豊かさが耳を引くわけですが、個人的には4曲目のRock'N'Roll Childrenのサビのヴォーカルがすごいと。独特の引っかかるような歌い方。テクニカルとかハイトーンが出るとかそういうものではなく表現力があるわけです。ギターでいうと速弾きがすごいとかテクニカルなフレーズとかそういうものではなくチョーキングやヴィブラートに気を使っている感じ。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー