Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

稲葉浩志 / KI 聞き応えのあるシングル

カッコ良い

 シングルですが5曲入って聞き応えあり。うち2曲はインスト的な感じですが残り3曲だけでもカッコ良い。
 1曲目のAKATSUKIからロックな感じ。アップダウンを繰り返す感じ、イントロがアルペジオ風に始まり歌がしっとり乗りますが、バンドの音が入った瞬間の歌の圧力が凄まじい。肉感的というか情熱的というか。
 4曲目のI'm On Fireは逆な感じで繊細な歌。これはAKATSUKIを凌ぐできかもと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー