Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Journey / Generations ロックアルバム

ハードロックなアルバム

 前作のArrivalが産業ロック的なものを目指していたとすればこちらはハードロックなジャーニーになっています。Raised on Radio的な感じでしょうか。
 ヴォーカルも曲によってメンバーがそれぞれ歌っているようです。メインヴォーカルの立場はどうなのかなとも思いますが、違和感なく聞けます。
 1曲目のFaith in The Heartlandからドライブ感の効いた曲。8ビートのノリで伸びやかなヴォーカルが乗ります。ギターソロはメロディを発展させた感じの出だしで2回し目から音数を増やしてゆく感じ。
 2曲目のThe Place in Your Heartもドライブ感のあるロックな曲。サビで一気に流れが変わるところがカッコ良い。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー