Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Def Leopard / Songs from the Sparkle Lounge らしさが薄い

らしさが

 薄いと思うかもです。
 曲の雰囲気は変わっていないのですが、なんとなく芯の部分だけで勝負しているような感じがします。シンプルというかストレートな音というか。
 デフレパードの音を求める人ってオーバーダビングで音を豪華にして重厚なコーラスでハーモニーを聴かせる的な感じを期待しているのかとも思いますが、そういう観点は薄いかも。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー