Cozy Pawell / Over The Top すぐにわかるドラム

イメージ
ご存知Cozy Pawellのソロアルバム。正直ドラマーのソロアルバムってどんな感じなのだろうと思いますが、以外に普通にインストアルバム。ジャズ・フュージョンな感じも多いのですが一貫してロックドラム。普通にバッキング的なビートが刻んでいる部分も多いですがそれでもコージーパウエルだとわかる音なのがさすが。

Journey / Trial By Fire 90年代のジャーニー

90年代

 前作から10年空いてのアルバム。
 全盛期のメンバーで昔を懐かしむような感じも随所に入っています。1曲目のMessage of LoveではSeparate Waysをイメージする音が入っていたりでいかにも万人がイメージするジャーニー。Who's Crying Nowをイメージさせる8曲目のStill She Criesだったり。特にこの曲はヴォーカルの消え入るような感じの切なさが表現力ありますね。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー