Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

稲葉浩志 / マグマ カッコ良いソロ

B'zとか異なる

 暗いです。
 B’zのパーティー的で明確なロックではなく、歌メロが中心で歌から作ってコードやリフを後から載せたような雰囲気。
 1曲目の冷血からくらい。日本語歌詞なので余計に言葉からもそう思います。2曲目のくちびるはメロディこそポップなのですが後ろ向きな雰囲気が伝わってきます。
 メロディ重視なので後から載せたようなコード感が不思議な感じがあって良い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー