The Beatles / Abbey Road ロックアルバム

イメージ
後期ビートルズはすっかりロックバンドになっているのが楽しい。1曲目のCome Togatherからカッコ良いリズム隊。また後半のメドレーもすごい。別の曲のメロディが乗ってきてまだ戻って行くあたりのアレンジがすごい。いうまでもない名盤。



Journey / Eclipse ヴォーカル交代2枚目

2枚目

 ヴォーカルが変わって2枚目。
 パワフルなヴォーカルが売りの感じですが、楽曲的にもハードロックな路線になっています。キーボードの音は少なくギターが前に出ている感じです。
 アルバムとしてもどうしてもEscapeやFrontiersとくらべてしまいますがが、楽曲的にはキラーチューンは少ないかもですが、各曲ともにパワーを前に出した楽曲に。
 1曲目のCity of Hopeから力強い感じで前に出てきますし、6曲目のResonateはプログレ風な感じの楽曲にサビのメロディがフックがあります。


 

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー