Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Journey / Frontiers 前作に続き

前作に続き

 同じ路線のアルバムで大ヒット。このアルバムも名曲揃い。
 1曲目のSeparate Ways (Worlds Apart)はいうまでもなくキラーチューン。前作の1曲目のDon't Stop Believin'と同じ入り。イントロのキーボードの透明感のある音にヴォーカルが乗る。メジャーキーかマイナーキーの違いはありますが共にインパクトあります。
 前作のOpen Armsに当たるのが5曲目のFaithfullyでしょうか。産業ロックだとバラードがフューチャーされることが多いですが、このアルバムも多分にもれずバラードが素晴らしい。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー