ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


Def Leppard / Adrenalize 三部作最終

傑作かと

 Pyromania、Hysteriaに続くデフレパードの音が完成した三部作だと思っています。メンバーの事故などある波乱のアルバムかと思いますが音的にはデフレパードの最高傑作かと。
 アメリカンな80年代産業ロックな音でポップなメロディと重厚なコーラス。1曲目のLet's Get Rockedからポップでライブなどでも受けそうな曲。2曲目のHeaven isはこれもポップ。透明感のあるBメロからサビへの展開がデフレパード的。
 5曲目のWhite Lightningは大曲。構成もメロディもしっかりしていて中だるみが全くなく最後まで緊張感を保っています。
 あとは8曲目のHave You Ever Needed Someone So Bad。これはデフレパード得意のバラード。透明感あのあるコーラスが素晴らしい。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー