ANGRA / Angels Cry ブラジリアンメタル

イメージ
完成度の高いアルバム。ジャーマンメタル系にクラシカルなオマージュを入れつつ、ハイトーンヴォーカルな感じで最初に聞いた時には耳を引きました。
 1曲目のイントロ的な曲に続く2曲目のCarry Onがこのアルバムのキラーチューンでしょうか。HelloweenのEagle Fly Free的な雰囲気もありつつのハイスピードな曲。イントロのキレの良いリフをこの速度とこのキレで弾くのは結構ハイテク。


RACER X / Technical Difficulties 復活作

 RACER X復活作。残念ならがブルースブイエは加入せずにツインギターではないのですが、前作の青臭い感じが洗練されてカッコ良くなった感じ。
 ポールのMrBigでの活動で変わったのかギター中心から楽曲中心になってシンプルでメロを重視する感じに変わっています。
 とは言いつつも勢いのある曲はしっかり残ります。2曲目のFire of Rockは重いリフで爽快感のある曲。次のSnakebiteはギターソロがカッコ良い。さらにTechnical Difficultiesは正統派HMのインスト曲。
 全体的にギターも目立ちますが、やっぱりドラムの存在感も大きい。



コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー