Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

RACER X / Technical Difficulties 復活作

 RACER X復活作。残念ならがブルースブイエは加入せずにツインギターではないのですが、前作の青臭い感じが洗練されてカッコ良くなった感じ。
 ポールのMrBigでの活動で変わったのかギター中心から楽曲中心になってシンプルでメロを重視する感じに変わっています。
 とは言いつつも勢いのある曲はしっかり残ります。2曲目のFire of Rockは重いリフで爽快感のある曲。次のSnakebiteはギターソロがカッコ良い。さらにTechnical Difficultiesは正統派HMのインスト曲。
 全体的にギターも目立ちますが、やっぱりドラムの存在感も大きい。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー