Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

RACER X / Superheroes 1曲目から

 2000年のアルバム。Mr.Big以降はメロディアスな部分だったりさまざまなジャンル・アプローチも目立ちますが、RACER Xに関してはテクニカルかつヘヴィー。
 メロディアスなギターを聞きたいひとはMr.Bigやソロ名義を聞けば良いと思いますしRACER Xに関してはテクニカルに振っているのが分かりやすくて良いかと思います。

 1曲目のタイトル曲Superherosはイントロから全開で気持ちが良い。高速な単音リフにドラムベースのユニゾンが乗るあたりがカッコ良い。Aメロに入ってハイトーンのロングトーンのヴォーカル。どことなくジューダスプリースト風な感じもあります。
 そして怒涛のソロ。持てるテクを全て詰め込んだような感じ。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー