Eric Clapton / Behind The Sun ポップ路線

イメージ
1985年のアルバム。この頃からポップ路線になってくる感じがします。1曲目のShe's Waitingからそれまでのブルーズとか考えられないくらいのポップ。音は厚いし豪華な感じもすると。6曲目のForever Manなんかもそんな感じになっています。フィルコリンズの影響が大きいのでしょう。とても聞きやすくまとめられていて周りが豪華な音のおかげでしゃがれ声のヴォーカルがより一層堪能できる感じ。


GAMMA RAY / Land of the Free II 名盤の名前を

 名盤Land of the Freeの続編的なタイトル。HelloweenのKeeper of The Seven Keys Legacyのような感じでしょうか。よく言われるカイハンセンのヴォーカルも違和感なく普通にカッコ良いです。
 中身は若々しい感じで勢いがある感じ。1曲目のInto The Stormはジャーマンメタルの様式美。疾走感ある曲にハイトーン。2曲目のFrom The Ashesはアイアンメイデンっぽい感じがある勢いのある曲。とは言いつつも単なるパクリ的ではなくベテランらしい自分色への消化されている感じ。
 最後の曲は壮大な大曲で締めるあたりもジャーマンメタル的な様式美。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー