Sammy Hagar / VOA ヴォイスオフアメリカ

イメージ
ドライブ感あってキャッチーなメロディーで、伸びやかなハイトーンのハードポップ。こんな流れを作った感じのSammy Hagar。まさにVoice of Americaなわけですがそれをアルバムのタイトルにしたのがこれ。モントローズやのちに加入するVan Halenにも繋がるような疾走感と透明感のある音。
 1曲目のI Can't Drive 55はそんな疾走感の名曲。壮大なアメリカンな感じに途中の中国風の音階がひねった感じでカッコ良い。



Helloween / Walls Of Jericho 記念のファースト

 ファーストEPとフルアルバムのセットになったCDで実質Helloweenのファーストアルバムでしょうか。
 5曲目まではEP Helloween。Starlightでカイハンセンの絶叫とアーライ。パワーメタル・メロスピを世にアピールした曲。
 6曲目以降がフルアルバムWalls Of Jericho。EPとはまた違った雰囲気。B級な雰囲気ながらもアグレッシブな感じで14曲目のHow Many Yearsはメタラー必聴の曲。
 全体的にこの頃はIron MaidenやJudas Priestを彷彿させながらも聞き応えある内容。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー