Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

GAMMA RAY / POWERPLANT 宇宙的な

 変わらずに宇宙的というかSF的というかスペーシーで高速感があるGAMMA RAY。前作からメンバーチェンジなしで造られているので安定感も出てきた感じもします。
 キラーチューンはWings of Destinyでしょうか。サビ前のオペラ的な雰囲気からサビの臭いまでの美メロ感。そしてギターソロのツインリード。ここまでかっちりした様式美というのも珍しい。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー