Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

RACER X / LIVE EXTREME VOLUME I 余裕のテクニカル

 この手の音楽は深く考えずに楽器演奏を聞くものかと。各楽器がテクニカルな見せ場があって何かの競技のような職人技プレーが並びます。単純にそれをカッコ良いと思えるかどうか。
 ポールとブルースの高速ツインリードのスタジオ版をライブで再現しているのはすごい。特にMoter Manのスウィープアルペジオがびっくり。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー