JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Yngwie Malmsteen / Relentless 安心の1枚

前作に続き

 安心の1枚。
 ヴォーカルは引き続きTim Ripper Owens。基本的には前作のPerpetual Flameと同じ方向で同じような雰囲気。いつものように細かいことは気にするなと、ゴリ押しの曲。聞く側としてはこれが聞きたい時に選択するので、聴き手側に迎合して中途半端な感じになってしまうよりはずっと良いと。
 1曲目のOvertureは短いイントロ的な曲ですが、これから始まる押し売りを予感させる始まり。続くCRITICAL MASSが中近東風な感じもしてちょっと意外感も出しながらも、やっぱり行き着くところはShot Across The Bowかな。

コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利