ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


Yngwie Malmsteen / MAGNUM OPUS この頃から変わりましたか

マイクヴェセーラ2枚目

 前作のSeventh Signに続きマイクヴェセーラヴォーカルの2枚目。ハイトーンな感じでインギー風のネオクラシカルとはマッチしていると思います。Seventh Signはゲイン高めの音に変わりましたが楽曲的には粒ぞろいでギタープレーも曲に合わせて練られた感じがしてよかったのですが、次のこのアルバムくらいからはマンネリ気味に。ゲイン高めのドンシャリサウンドで手癖の速弾き。
 1曲目は疾走系。イントロがEclipseに似た感じもありカッコ良い感じ。10曲目のFire in The Skyもカッコ良いのリフでできていますが、こちらもソロが単調な感じ。明らかに誰が弾いているのかわかる、個性があるということもできますが。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー