Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Led Zeppelin / Led Zeppelin III フォークなZep

一転してフォーク

 前の2枚のアルバムはハードロックでグイグイくる感じですが、このアルバムからフォークソング的な要素が濃くなっています。ハードロック的なのは1曲目のImmigrant Songくらいでしょうか。この曲1曲だけでこのアルバムの価値があるくらいの感じ。このリフにハイトーンヴォーカルが乗るってのは素晴らしい。
 他はCelebration Dayなど独特なリフのロック曲があったり、Since I've been Loving Youのようなスローブルーズだったり。全体的にはアコースティックギターの音が印象的でフォークソング的なアルバムに感じます。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー