Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Yngwie Malmsteen / LIVE!! 後期のライブ

2枚目のライブ音源

 89年のTrial by Fire Live in Leningradに続く2枚目のライブ音源。98年の ブラジル公演だそうです。時期的にはFacing The Animalが出た後くらいの音で、冒頭からMy Resurrection、Facing The Animalと続きます。曲的にはFar Beyond The Sun、I'LL SEE THE LIGHT TONIGHTのような初期の曲から、Bedroom eyesからNever Dieあたりの中期、そしてGates of Babylonのようなカバー曲まで。聴き比べるとSeventh Signまでの楽曲がカッコ良い。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー