The Cult / Electric ハードロックへ進化

イメージ
The Cult のサードアルバム。前作は浮遊感のある音でしたが、このアルバムからハードロック的にかっちりした音。ギターが前にでてキャッチーなリフが乗る曲が多い。イメージするならAC/DCでしょうか。
 冒頭のWild Flowerからどこかで聞いたAC/DCなリフ。リフだけ聞くとパクリなのですが曲として聞くとオリジナル然としてカッコ良い。これはこれでありなのではないでしょうか。

Yngwie Malmsteen / Facing The Animal バラエティに富んだ

雰囲気は

 Seventh Signに使いかもですね。幅広い楽曲でメロディアスな歌メロ。聞きやすいアルバムになっているかなと。ドラムがコージーパウエルってのが良いかもですね。いつもなら単調な音になっていたドラムパターンが俄然存在感が出ています。そんな中で手癖が少なく楽曲に合わせたギターになっているのが聞きやすいポイントかと。
 1曲目のBRAVEHEARTから緊張感ある曲。ドラマチックでカッコ良いです。アルバムの聞きどころとしては6曲目のLike an Angel (For April)でしょうか。普通のバラードなのですが、美メロが載っているのとギターソロがカッコ良い。印象的なラインで溜めのあるプレーが耳に残ります。


コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー