Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

Yngwie Malmsteen / INSPIRATION カバーアルバムだけど名盤

全曲カバー

 発売当時に買って聞きましたが、このアルバムは未だに聞くアルバム。全曲カバーですがインギー節が入って原曲よりもカッコ良くなっているかと。
 1曲目のCarry on Wayward SonはKANSASのカバー。オリジナルは少しもっさりした感じがありますが、こちらはギターが前に出て締まった感じ。イントロのギターリフでテンション上がります。続くDeep PurpleカバーのPictures of HomeはMachine Headに入っている名曲。これのためにアルバムを買っても良いと思えるくらい。3曲目のGates of Babylonも同様にギターが前面に出て締まった感じでスピード感があってカッコ良い。この3曲の流れで十分に価値があります。
 最後のSpanish Castle Magicはまあ遊び的な感じでしょうか。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー