JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Yngwie Malmsteen / Perpetual Flame 安心の1枚

いつもの1枚

 コンスタントにアルバムを出し続けている中の1枚。Seventh Signくらいまでは出すごとに驚きとすごさを感じていたのですが、最近はいつもの曲調とギターの音が歪みが多めで手癖のソロ、と、ある意味安心の1枚。
 驚きはヴォーカルにTim Ripper Owensが加入したこと。エッジの効いたヴォーカルで存在感はあります。いつものゴリ押しのギターに負けてない感はあります。ただ自分のメロディじゃない感じがして乗り切れてない感じも。
 とはいってもYngwieを聞く時には1曲目のDeeth Dealerのゴリ押し、押し売り的な感じの曲を求めているので細かいことは問題なし。

コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ