Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

Yngwie Malmsteen / Odyssey 歌物名盤

ジョーリンターナー

 4枚目でヴォーカルはジョーリンターナ〜に。今回の立役者はヴォーカルかと。これまでのネオクラシカルなインスト的雰囲気から完全な歌物バンドになりました。80年代のアメリカ的な音とメロディでキャッチーな曲がそろっています。この辺りはジョーリンターナーのメロディセンスがそうさせているのかと。
 1曲目のRising Forceからヴォーカルとギターがうまく絡み合ってカッコ良い。サビ最後の「Rising Force〜」と歌った後にネオクラシカルでの上昇フレーズの組み合わせが最高の決めフレーズ。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー