BOØWY / PSYCHOPATH 出来は良いのですが

イメージ
BOØWYのラストアルバム。音も曲も良いのですがちょっと無機質な感じがあります。前半メジャーキーな曲が並び、後半はマイナーキーが並ぶ構成でなんとなく解散に向かう雰囲気を感じます。
 個人的にはFANTASIC STORYがカッコ良い。サビに入るところのガラッと変わる展開がカッコ良い。この展開が耳に残る。

Yngwie Malmsteen / Fire and Ice 一般に知名度が

超大作

 初期のいかにもネオクラシカルな感じから中期のポップな感じも入れながら、の最後くらいに当たるアルバム。前作のEclipseはポップさとHR/HM感、そしてネオクラシカルがミックスされた良いアルバムで、次のSeventh Signはメタリックに寄せた名盤だと思いますが、その間に入るアルバムでちょっと地味な感じもします。ただ発売当時日本のチャートにも上がってきてびっくりした記憶があります。ロックに興味がない方の耳にも入ったようにも思います。
 全体的にもミドルテンポな哀愁系が多い感じでちょっと退屈な感じもありますが、3曲目のTeaserなんかはインギーらしからぬポップ感があって良いかと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

Suhr RIOT mini レビュー

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足