JImi Hendrix / Band of Gypsys ギターは良いけど

イメージ
Jimi Hendrixの生前の最後のアルバム。活動期間1ヶ月のちょっと寄せ集め的なライブらしいと。確かにドラムとベースがちょっと探り合っている感じで初期のアルバムと比べるとドラムの手数も少ない。バンドとして熱くならない感じがちょっと残念。そんな中でもMachine Gunはサイケデリックなギターソロ。一見ギターではないような音ですが、この時代を象徴するような感じ。ジミヘンのライブといえばウッドストックのアメリカ国家な印象もありますが、Machine Gunもなかなか。


Yngwie Malmsteen / Fire and Ice 一般に知名度が

超大作

 初期のいかにもネオクラシカルな感じから中期のポップな感じも入れながら、の最後くらいに当たるアルバム。前作のEclipseはポップさとHR/HM感、そしてネオクラシカルがミックスされた良いアルバムで、次のSeventh Signはメタリックに寄せた名盤だと思いますが、その間に入るアルバムでちょっと地味な感じもします。ただ発売当時日本のチャートにも上がってきてびっくりした記憶があります。ロックに興味がない方の耳にも入ったようにも思います。
 全体的にもミドルテンポな哀愁系が多い感じでちょっと退屈な感じもありますが、3曲目のTeaserなんかはインギーらしからぬポップ感があって良いかと思います。


コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

EP boosterのディップスイッチ