Annihilator / SET THE WORLD ON FIRE 硬質なスラッシュ

イメージ
カナダのスラッシュメタル、Annihilatorの3枚目のアルバム。なんというか硬質な音が印象的なバンド。Rushとかそれ系の硬質なギターの音とかっちりした演奏。そこにメロディアスな歌が乗る感じ。
 キラーはSOUND GOOD TO MEでしょうか。この手のバンドのバラードって不要論があるかもですが、この曲のギターのアルペジオの硬質な音がこのバンドの特徴のように思います。

Harem Scarem / Hope ラストアルバム?

解散宣言が

 ありつつも力強い楽曲が揃った感じがします。
 Harem Scaremってキラキラ感のあるポップな楽曲とダークな感じの微妙なバランスで成り立っているというか、その微妙な配分によって楽曲やアルバム全体の評価が変わってくると思います。キラキラ感とダーク感が絶妙なバランスだとMood Swings的だったり、ダーク感の印象が強いとVoice of Reasonだったり。
 今回はダーク寄りでしょうか。ただ微妙なバランスなのでよく聞くと良いメロディに厚いコーラスもあり。




コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー