Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

GUNS N' ROSES / Chinese Democracy 結構はハマるかも

発売当時は

 色々言われていたのを覚えています。こんなのはガンズじゃないとか、スラッシュやダフがいないのにガンズを名乗るなとか。
 確かに音はそれまでのガンズとは異なりますが、純粋にアルバムとして聞くと結構はまります。曲もキャッチーで耳に残るしアレンジもドラマチックに展開されていて。この辺りはアクセルのキャラにあった感じでさすがの歌い回し。
 明らかにそれまでのガンズと違うのはギター。Bucketheadです。早弾きやらスウィープ、トリッキーなフレーズ満載です。
 3曲目のBetterなんてヴォーカルにかぶるようにスウィープで切り込んできてのソロ。この辺りは昔からのガンズファンが聞くとずっこけるところなんでしょうが、これはこれでアリだと。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー