ANGRA / Temple of Shadows 名盤

イメージ
ANGRA 5枚目のアルバム。押し出しの強い曲が目白押しで捨て曲なしの名盤。これまでのAMGRAはどちらかというとCARRY ONやNOVA ERAなど実質1曲目にキラーチューンを持ってきて、後半は少し印象が薄くなる感じもありましたが、今回は後半の勢いもすごい。
 6曲目のTemple of Hateは高速チューン。カイハンセンが歌っているのですが、それだけでブラジルから北欧に変わった感じ。ANGRAっぽくはないのですが新しい流れ。9曲目のWinds of Destinationはクラシカルな感じで展開美が素晴らしい。


GUNS N' ROSES / Chinese Democracy 結構はハマるかも

発売当時は

 色々言われていたのを覚えています。こんなのはガンズじゃないとか、スラッシュやダフがいないのにガンズを名乗るなとか。
 確かに音はそれまでのガンズとは異なりますが、純粋にアルバムとして聞くと結構はまります。曲もキャッチーで耳に残るしアレンジもドラマチックに展開されていて。この辺りはアクセルのキャラにあった感じでさすがの歌い回し。
 明らかにそれまでのガンズと違うのはギター。Bucketheadです。早弾きやらスウィープ、トリッキーなフレーズ満載です。
 3曲目のBetterなんてヴォーカルにかぶるようにスウィープで切り込んできてのソロ。この辺りは昔からのガンズファンが聞くとずっこけるところなんでしょうが、これはこれでアリだと。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー