LOUDNESS / KING OF PAIN 因果応報 これまでにないドラム

イメージ
LOUDNESS 23枚目のアルバム。ドラムを前面に出した感じがします。
 イントロ曲から続く2曲目のTHE KING OF PAINはイントロからドラムのツーバスでイメージ的にはJudas PreastがPainkillerでガラッと変わった感じがします。これにすっきりしたギターリフ。続く3曲目のPOWER OF DEATHは第2期にありそうなイメージ。一聴すると第1期、第2期くらいの印象なのですが、歌は再結成後の歌メロなイメージで新しい組み合わせ。以前の低音がドロドロした感じのアルバムよりもずっと良い。


GUNS N' ROSES / Chinese Democracy 結構はハマるかも

発売当時は

 色々言われていたのを覚えています。こんなのはガンズじゃないとか、スラッシュやダフがいないのにガンズを名乗るなとか。
 確かに音はそれまでのガンズとは異なりますが、純粋にアルバムとして聞くと結構はまります。曲もキャッチーで耳に残るしアレンジもドラマチックに展開されていて。この辺りはアクセルのキャラにあった感じでさすがの歌い回し。
 明らかにそれまでのガンズと違うのはギター。Bucketheadです。早弾きやらスウィープ、トリッキーなフレーズ満載です。
 3曲目のBetterなんてヴォーカルにかぶるようにスウィープで切り込んできてのソロ。この辺りは昔からのガンズファンが聞くとずっこけるところなんでしょうが、これはこれでアリだと。

コメント

このブログの人気の投稿

Suhr RIOT mini レビュー

EP boosterのディップスイッチ

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利