Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


D.T.R / DIRTY TRASHROAD なかなか面白い

ヴォーカルが面白い

 ラウドネスを脱退した沢田泰司始めたバンドですが、なかなか面白い。ギターもベースもそれほど派手なことはせず普通に抑えて弾いている感じもありますがヴォーカルがコロコロと変わって面白い。Shake Moreではドスの効いた声。Dirty WinnerではAC/DCのようなヴォーカル。
 一点ベースはルート弾きでどっしりとバンドを支えている感じ。こういうベースがカッコ良い。
 全体的にはアメリカンハードロック的な感じで、なかなか良い感じ。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー