Bonham / The Disregard of Timekeeping 似ているタイム感

イメージ
1989年 ジョンボーナムの息子、ジェイソンボーナムがリーダーのバンド。自身のルーツなんでしょうが完全にLed Zeppelinな雰囲気。同時期話題のKINGDOM COMEよりよっぽどLed Zeppelinなのですがこちらは継承者ということで良いのでしょうか。
 ヴォーカルの声質も似ていますし曲も中期から後期のLed Zeppelin風なミドルテンポの曲が並びます。何よりドラムのタイム感が似ていること。
 ただ似ていると言っても4曲目のGuiltyなどLed Zeppelinにはなかった荘厳なメロディがあったり6曲目のDreamsではアメリカンHR的なメロディだったりとアルバム後半に行くにつれオリジナルな雰囲気も。

GUNS N' ROSES / USE YOUR ILLUSION II ドラマチックな名盤2

ドラマチックなアルバム2

 USE YOUR ILLUSIONの2枚のアルバムがセットでリリース。
 個人的には2の方がより劇的で印象的な感じです。
 1曲目のCivil Warから痺れます。口笛の印象的なメロディで叙情的に始まりますが、前半のアコースティックなところの息遣いが聞こえそうなヴォーカルがたまりません。後半の展開も素晴らしくメジャーキーなども入れながらのギターソロも秀逸。
 4曲目 KNOCKIN' ON HEAVEN'S DOORは名曲のカバー。負けずにこちらも名曲アレンジに。キラーチューンはYou Could be Mineでしょうか。有名映画の主題歌でたまにその映画を見るとガンズが聴きたくなります。前ノリのリズムが疾走感を出して、そこにブラッシングを入れたギターリフがカッコよすぎ。



コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー