Cheap Trick / Next Position Please 低迷期ですが

イメージ
1983年 Cheap Trickの低迷期といわれる時代のアルバム。Cheap Trickらしい多彩な感じやこの時代特有の透明感がある。特に1曲目 I Can't Take Itですが、ヴォーカルのRobin Zanderの作曲。透き通るような真夏の日差しのような雰囲気と聴きやすい歌メロ。


Harem Scarem / Higher メロディアスに

磨きがかかった

 メロディアスハードロック。2003年のHarem Scaremの8枚目。
 基本的には前作と同様の方向性かと。
 1曲目のReachからキラキラした伸びやかなサビ。5曲目のHigherは美しいメロディで丁寧な感じのするまとまりなどメロディを中心とした曲が揃っています。
 ただ全体的にミドルテンポやバラードが多いのでハードロック好きの方や技巧派集団なHarem Scaremが好きな方は少し物足りないでしょうか。その分HR/HMが好きな方にも聞きやすいかも。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー