Richie Kotzen / Richie Kotzen 特徴ある音

イメージ
Richie Kotzenのファーストアルバム。1989年、19歳のデビューアルバムで全編ギターインスト。テクニカルなプレーが満載な1枚ですが特にジャズギターのような音使いが印象的。その中でも音が特徴的。TS的な感じというかミドルの音でエレキギターの抜ける音。この音でレガートプレーが売りな感じ。
 欲を言えば、歌が上手いのだからインストではなく歌曲であってほしかったなと。

GUNS N' ROSES / USE YOUR ILLUSION I ドラマチックな名盤1

ドラマチックなアルバム1

 APPETITE FOR DISTRUCTIONはストレートでパンク的なロックンロールだったのに対してこちらはドラマチックな展開で壮大な感じのロックアルバムになっています。
 各メンバーの個性もさらに前に出てバンドとしても楽しめる感じ。ヴォーカルのアクセルローズの野獣のような面としっとり歌い上げるような面と両面が出せているのがすごいし、スラッシュのギターもツボを押さえた感じのプレー。それに多彩な感じの曲がマッチしていて個人的にはAPPETITEも良いけどUSE YOURもかなりハマった感じ。

 1曲目のRight Next Door To Hellはガンズらしいパンクロックな感じですが、3曲目はポールマッカートニーのカバー。4曲目のDon't Cryは名バラード。キラーチューンは11曲目のNovemberRainでしょうか。ピアノでしっとり歌うアクセスローズがカッコ良いですし間奏のスラッシュのギターソロも秀逸な感じ。
 最後のComaは最初に聞いた時には重くて暗くてよく分からない退屈な曲でしたが、聴き込むごとにじわじわきて長い楽曲もいともせず最後まで。


コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー