Michael Schenker Group / The Unforgiven 微妙な時期

移り変わりの

 微妙な時期かなと思っています。
 ヴォーカルのケリーキーリングの声質や歌い方もそうなのかもしれませんが、軽快な感じはなくなりジックリ重い感じでシリアスな音になっています。初期はビート感が前面に出る軽快な感じがありましたが、この頃から変わったような気がします。
 ギターの音もミドル中心の音からローよりになって雰囲気が大きく変わって全体的に暗い。
 一聴したところでは雰囲気が違うのですが、曲の組み方やプレーはやっぱり神な感じが。4曲目のHello AngelなんかはAメロからBメロ、サビへとリズムが変わりながら展開する感じが耳に残る。

コメント

このブログの人気の投稿

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

320design Brown Feather レビュー