Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

McAuley Schenker Group / Save Yourself 以外にカッコ良い

以外にカッコ良い。

 元々のMSGファンの人からすると McAuley Schenkerの雰囲気はちょっと邪道な感じもするかもですが、先入観なしに聞くとこれはこれでカッコ良い。前作のPerfect Timingはポップすぎな感じもしますが、こちらはギターハードな感じで1曲目のSave Yourselfが象徴的。ディミニッシュも入ったクラシカルなギターが印象的でちょっとマイケルシェンカーらしくない感じもしますが疾走感ある曲と相まって良い感じになっています。
 ヴォーカル的には3曲目のAnytimeが良い感じでしょうか。ミドルテンポのバラードでこれまたMSGらしくないのですが、ロビンマッコリーにはぴったりの音。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー