David Bowie / Heroes かっこ良い

イメージ
最後まで一気に聞いてしまうアルバム。1曲目のBeauty and The Beastから声が違う。歪んだ声でBeastな感じが出ていて21世紀の精神異常者的な独特な空気感。3曲目のHeroesはいつものDavid Bowie的な流れとメロディ。壮大な感じに独特なヴォーカルが乗るこれもカッコ良い曲。5曲目のBlackoutはこれまでなかったようなディスコサウンド的な雰囲気が楽しい。
 何よりジャケットがカッコ良い。この時点で名盤確定なジャケット。


Michael Schenker Group / In the Midst of Beauty  往年のメンバー

ほぼ初期のメンバー

 ヴォーカルがゲイリーバーデン。他にサイモンフィリップス、ドンエイリーなど往年のメンバーで作られた1枚。やっぱりMSGというのはゲイリーバーデンがしっくりきます。それほど歌がうまい感じではないのですが、哀愁あるメロディーが健在。1曲目のCity Lightなんかは低温で抑揚のない歌い方ですが、その淡々とした歌にビートを刻むギターがよく合う。
 ギターは最近の傾向かミドルではなくザクザクした音ですが雰囲気は初期の頃。全体的に曲もカッコ良く聴きやすい1枚。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー