Jeff Watson / AROUND THE SUN 前作から一転ヴォーカル入り

イメージ
Jeff Watsonのセカンドソロアルバム。前作はオールインストの8フィンガーな路線でしたが、今回はヴォーカル入り。1曲目のGLASS REVENGEはAOR的というか産業ロック的な柔らかい曲。2曲目のLIFE GOSE ONはNIGHT RANGER的な8ビートでサビのコーラスが印象的なカッコ良い曲。3曲目のAROUND THE SUNはアコースティック。ネームバリュー的にだったりテクニカルギタリスト的な視点だと前作なのですが、個人的にはこのセカンドの方が良い感じ。


BARBEE BOYS / LISTEN ! はっきりとした個性

他のバンドとは違う

 4枚目のアルバム。当時バンドブームでしたが他のどのバンドとも違う個性があったのを覚えています。その中でも4枚目と次の5枚目はバンドとして円熟した感じの音で、ツインヴォーカルの駆け引きやギターのコード感など良い感じに。
 キラーチューンとしては5曲目の女ぎつね on The Runでしょうか。サビの歌メロが意外だったというか、「そうくるか・・・」的な感じ。シングル曲的にグッと押し出しのあるメロかと予想して聞くと結構淡々として感じ。聴き込むとこれが良い感じになるのですが・・・。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー