Trapeze / Hold On 美声

イメージ
Trapezeのラストアルバム。初期にはGlenn Hughesが在籍していたり、のちにWhitesnakeに加入するMel Galleyがいたりと聞く機会の多いバンド。そのラストアルバムでヴォーカルにUriah Heepに入ることになるPate Goalbyが美声を聞かせる。特に7曲目のRunningでは伸びのあるハイトーンで綺麗なコーラスとカッコ良い要素が多数。

BABYMETAL / METAL RESISTSNCE 変わらずに声とのアンマッチ

 BABYMETALのセカンド。
 変わらずにバックの演奏と声がマッチしていない感じが面白いです。歌メロも普通のアイドルソングのような感じで若い女性ヴォーカル、それを無理にメタルっぽくした楽曲。あまりメタルを聞かない人がイメージする「メタル」、とにかくドコドコ・ピロピロしている感じを詰め込んだ感じ。そのくらい無理に詰め込んだ感じが良いのでしょうね。中途半端にカッコ良いものを狙うのではなくダサカッコ良いてきな。

コメント

このブログの人気の投稿

MXR distortion+ 現行型 レビュー これ1台何かと便利

CAJ Loop and Link Ⅱ とりあえずには満足

320design Brown Feather レビュー